kiko

2021年05月24日

デジタル処理技術の5つのメリット! どんなことが考えられますか?...


今や製造業の柱となったcnc prototyping service機械加工。 この加工方法を採用する機械工場が増えています。 多くの機械加工者はこの方法に慣れていますが、誰もがその理屈を知っているわけではありません。 他の機械加工と比較した場合のCNC機械加工の主な利点は以下の通りです。

1.従来よりも自動化が進んでいる

CNCとはComputer Numerical Controlの略で、その名の通り、コンピュータ制御を多用した機械加工のことです。 これは、はるかに高いレベルの自動化を意味し、高精度な作業には最適なソリューションとなります。

CNC技術を用いた機械加工が、従来の生産管理の研究方法と比較して得られる主な違いと利点は、機械加工の開発プロセスの多くが自動化され、ヒューマンエラーの発生が少なく、より高い精度を求めるさまざまなニーズに対応できることです。

機械加工の主な機能は、プラスチックや金属の破片から別のものを作り出せるようにすることです。 従来のCNC機械加工でもこれらの目標を達成することはできますが、CNC機械加工の自動化により、機械加工がより効率的に、より速く、より早く生産できるようになり、エラーの余地が少なくなるため、CNC機械加工は多くの企業のコストを削減することができます。

2.異なるタイプのCNC機械加工

現代の企業向けCNC工作機械は、様々な切削技術の使用に適しています。 CNC旋盤加工により、外部と内部の複雑な制御形状の製造が可能になりました。 例えば、CNC旋盤加工やCNCフライス加工などです。 CNC旋盤加工では、中国の機械加工を発展させた形で原材料を加工し、中国の学生が「データ生成や様々なスレッドを含む複雑な外部・内部形状」を製造することを可能にしています。

CNCフライスは、複雑な3D形状を作るために、穴や溝、繰り返しの動きを作るのに適しています。

3.あらゆるニーズに対応

すべての製造ニーズを満たすことができるツールは存在しませんが、CNCはそれに近いものです。

コンピュータ・プログラミングのプロセスでは、最終製品のモデルを作成するためにCAD(Computer Aided Design)を使用します。 これは、プロセスが進行する際のラフ案です。 また、デザイン上の問題点も把握することができます。 その試作品を写真に撮り、コピーして機械に入力する。

4.安全性

CNC加工ではオペレーターが重要な役割を果たしますが、オペレーターは手で機械を操作するのではなく、コンピューターを操作します。 これにより、すべての人にとってより安全な職場環境となり、職場での事故が減少します。

特に、以前は作業員が重い手作業を行っていたので、この点は重要です。 CNC機械加工は、生産・開発された製品がQuality of Life管理統制会計のガイドラインを満たすための一貫性を確保します。 ヒューマンエラーや睡眠不足は、ビジネスではよくある落とし穴で、安全事故につながることがありますが、CNC加工ではその心配はありません。

5.利便性とスピード

CNCプロセスはコンピュータを使って効率的に行われるため、バッチ生産が容易にできます。 同一プログラム上で複数の計算機を動かすだけでいいのです。 CNCマシニングには記憶機能があるので、製品を作るたびにプログラムを再読み込みしたり、コマンドを再入力したりする必要はありません。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。