kiko

2021年05月06日

定期預金が満期になったとき、どのように送金すればよいのでしょうか?


定期預金、約定預金、自動預金などは、銀行を利用されている方ならご存知だと思います。 2人の関係は? 定期預金を銀行に預けるのか、自分で預けるのか。 まずはこの基本的な概念を理解する必要があります。

定期預金

定期預金は要求払い預金とは相対的なもので、一定の預金額(50元の普通定期預金、20万元の大口預金証書)、一定の期間、普通定期預金(預金証書、通帳、副口座の銀行カードのいずれか)の期間は3カ月、6カ月、1年、2年、3年、5年の計6種類、大口定期の期間は1カ月、3カ月、6カ月、9カ月、1年、18カ月、2年、3年、5年の計9種類である。

以前の定期預金は、満期時に一度だけ利息が引き落とされるのが一般的でしたが、現在では多くの銀行が大口預金の利息を四半期や月次で支払うことができます。

コヴェント・ロールオーバー

コベナンツ・ロールオーバーは、オートマチック・ロールオーバーとは異なります。 混乱しないように。 アグリーメント・ロールオーバーとは何ですか? 実際には、お客様は銀行との間で、合意した日に別の口座に資金を移すことを許可する契約を結んでいます。 合意された送金は、1枚のカードから別のカードへの送金、通帳への送金、当座預金から定期預金への送金などがあります。 例えば、給与が毎月20日に支払われる場合、毎月21日にペイロールカードの当座預金から振り込むことに1年間同意すれば、毎月自分で入金する必要がなくなります。

虛擬銀行

預金の自動振替

銀行に預けた預金が満期になり、引き出しに行くのを忘れてしまい、長い時間をかけて調べた結果、多くの企業の利益を失ってしまうことがありますが、実は中国銀行には自動振替と呼ばれる経済事業があり、定期預金を預ける際にこの会社の事業を通すことを選択すると、管理システムが自動的に元の預金期間とその時の社会システム内の金利に応じて、満期日に再び預金をするように設計されています。

それは、第一に、中央銀行は、もはや5年間のベンチマーク金利を公開されていないため、銀行自身が決定するので、銀行はほとんどの自動転送のための5年間の預金のためではないでしょう、あなたが5年を預けることを選択した場合、あなたは自分の引き出しや転送に行くために、有効期限のポイントを考える必要があり、第二に、転送することに合意した金利は、各銀行が異なっている、いくつかの銀行は、浮動小数点のベンチマーク金利で自分の転送と同じです。 第二に、合意された送金レート、各銀行は異なっている、いくつかの銀行は、ベンチマークレートで自分の転送と同じですが、いくつかは、ベンチマークレートの転送に準拠している、第三。 転送に合意した金利は、満期日の金利であり、元の金利ではありません。例えば、今日、1年分を預けた場合、金利は1.5%ですが、来年の今日が期限で、この期間中に金利が1.2%に変更された場合、1.5%の代わりに1.2%の転送で、当然のことと思わないでください。

ロールオーバーした方が良いとは?

では、ロールオーバーを自動的に行うのが良いのか、それとも学生自身が行うのが良いのか。

私は2年をお勧めします。最初の3年以内は合わせて、忘れて利息がなくなることを想定して、まず自動入金を設定しますが、もし覚えていても、やはり銀行に行って、レートが合っているかどうか、もしかしたらもっとレートの高い別の銀行があるかもしれませんし、特別なイベントやプレゼントがあるかもしれませんので、自分で入金したほうがいいでしょう。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。