kiko

2021年04月20日

脂肪を落とす運動が最も重要な2つの理由とは?


エクササイズやフィットネスを行う上で、食事は非常に重要な役割を果たします。筋肉を増やすにしても、脂肪を減らすにしても、7つのうち7つはエクササイズと言われています。

まず、食事管理システムは、食べる量を減らした方が良いということではなく、ある程度の目安があります。

良い食事のコントロールは、効果的な減量のための前提条件ですが、食事のコントロールは、このプロセスでは、我々は基本的に安定した状態で基礎代謝を維持する必要がありますので、より良い、つまり、ダイエットとは異なりますが、ダイエットの結果は、カロリーの毎日の摂取量は、代謝の低下につながる代謝のニーズを満たすことができないということです、代謝の低下は、毎日のカロリー消費量の減少を意識して、そこに少ない食品は、重量を失うことはありません。消脂運動をもっとやって脂肪を燃やし、健康的な体を手に入れましょう!

したがって、食事管理が理想的な状態になると、それを減らすことはできません。つまり、食事管理には、代謝に必要な底力があるのです。 この場合、カロリーギャップを開くためには、運動が重要な役割を果たします。というのも、消費カロリーの中で、運動が占める割合は30%程度に過ぎませんが、運動がある限り、どんなに強い運動をしてもカロリー消費があるため、行動によって効果を上げることができるのは運動だけなのです。体重を減らすために消脂運動を行う、さらにお腹の赤ちゃんを止めるために筋トレを行う、気合を入れてくださいね!

つまり、ビジネスにおいて代謝システムを安定させ、より早く自分を痩せさせたいのであれば、運動開発を行うことで、学生が直接カロリー消費量を拡大することができ、その結果、中国の食文化と融合してカロリーギャップを形成し、結果として自分を痩せさせることができるのです。

第二に、運動やフィットネスをすることで、代謝を安定させたり、向上させたりすることができます。

消費カロリーの観点から見ると、基礎代謝は消費カロリー全体の約60%を占めており、つまりカロリー消費の主役であり、基礎代謝が低いと1日の消費カロリーが少なくなり、太りやすく、逆に痩せやすい体質になってしまいます。 しかし、基礎代謝は加齢とともに低下するため、基礎的な安定性を維持したり、代謝を向上させるためには、必要な代謝量を満たす食事に加えて、運動による筋肉の成長を促すことが必要であり、筋肉量は基礎代謝を高めるための有効な手段となります。

そのため、運動(特に筋力トレーニング)は、脂肪を燃焼させ、基礎代謝を高めることで、1日のカロリー消費量を増やし、痩せやすい体を作ることができます。 同時に、基礎代謝が高ければ、長期的に見て体脂肪率を健全に保つことができ、中年以降も太りにくい体質を作るのに適しています。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。